point house

『アーユルヴェーダ』女性特有のゆらぎと上手く付き合う方法Vol.3

『アーユルヴェーダ』に基づく月経期の過ごし方を紹介した前回。

今回は、女性が1ヶ月の中で最も輝ける「卵胞期」の過ごし方を紹介します。

 

出典:stock.adobe.com

 

 

卵胞期=“カパ”の時期

月経終了後、排卵前の約2週間は、卵胞期と呼ばれる時期。

卵巣の中で卵子の素となる原始卵胞が成熟するこの期は、『アーユルヴェーダ』では“カパ”の特徴を持つとされています。

 

出典:stock.adobe.com

 

女性らしくキラキラ輝ける「エストロゲン(通称“美人ホルモン”)」の分泌量が増え、肌や髪にツヤが出て、精神的にも安定する卵胞期。

 

心身ともに絶好調で、何をするにも無敵なこの時期は、新しい化粧品を試したり、適度に身体を動かしたりと、いろいろなことに挑戦するベストなタイミングです。

 

出典:stock.adobe.com

 

“その季節の過ごし方は、次の季節へ影響する”と考える『アーユルヴェーダ』では、卵胞期を活発的でアクティブに過ごすことで、次回の月経気に良い影響を与えるとされています。

 

ここからは、卵胞期に更なる美肌へと近づけてくれる食材を、ドーシャ別にチェックしてみましょう。

 

ドーシャ別おすすめ美肌食材

ヴァータ

おすすめの食材

甘みの強い果物、アボカド、温野菜、ビーツ、にんじん

 

出典:stock.adobe.com

 

避けた方が良い食材

ドライフルーツ、ナッツ類、熟していない果物、葉物野菜

 

出典:stock.adobe.com

ビッタ

おすすめの食材

甘みの強い果実、りんご、ざくろ、いちじく、洋梨、きゅうり、キャベツ、レタス、カリフラワー、じゃがいも、ココナッツオイル、オリーブオイル

 

出典:stock.adobe.com

 

避けた方が良い食材

レモン、グレープフルーツなどの酸味の強い果物、ニンニクや生姜などの刺激の強い野菜、渋味のある野菜

 

出典:stock.adobe.com

 

カパ

おすすめの食材

渋味のある野菜、葉物野菜、玉ねぎ、ビーツ、りんご、ざくろ、ドライいちじく、レーズン

 

出典:stock.adobe.com

 

避けた方が良い食材

甘酸っぱい果物、アボカド、きゅうり、甘みがあり水分が多い野菜

 

出典:stock.adobe.com

心も体も絶好調!無敵な時期をより快適に

女性がキラキラと輝ける卵胞期。

『アーユルヴェーダ』において、卵胞期に大きな影響を与える“カパ”の時期は、潤いが満ち、心身ともに安定するとされています。

 

出典:stock.adobe.com

 

無敵な卵胞期は、特に避けるべきものはないものの、不規則な生活によりヴァータが乱れると、女性ホルモンの乱れにつながるので、無理は禁物。

 

絶好調な卵胞期を味方につけて、女性らしさに磨きをかけましょう。




更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.