point house

『アーユルヴェーダ』女性特有のゆらぎと上手く付き合う方法Vol.2

女性特有の不調を整えるのに役立つとして、注目されている『アーユルヴェーダ』の考え方。

今回からは、『アーユルヴェーダ』に基づく“月の流れに沿った過ごし方”を紹介します。

 

出典:stock.adobe.com

 

 

月経期=“ヴァータ”の時期

女性ホルモンの流れを、月の流れのステージに分けて見る『アーユルヴェーダ』において、月経期は、心と体が乱れやすい“ヴァータ”の時期

 

出典:stock.adobe.com

 

“体内を浄化するための自然現象”として、1ヶ月に一度、体内に蓄積された毒素を洗い流し、身体のメカニズムを整えるのが生理の役割です。

 

出典:stock.adobe.com

 

しかし、本来の体のエネルギーバランスが崩れてしまうと、現れるのが生理不順や生理痛といった“不調のサイン”。

 

『アーユルヴェーダ』では、それらを薬で強制的に抑制するのではなく、根本から優しく整えることが大切だと考えています。

ここからは月経時の症状とその対処法を、“ドーシャ体質”別にチェックしていきましょう。

 

ドーシャごとの過ごし方

ヴァータ

症状:

・神経質になり、落ち込みやすくなる

・生理不順や生理痛

・キリキリとした腰痛

・黒ずんだ凝血塊を伴う経血

 

出典:stock.adobe.com

 

対処法:

・ゆっくりと入浴し、十分な睡眠を確保する

・適度に油分を含んだ温かい食事を摂る

・冷たい飲み物や食べ物を控える

・辛味や苦味の強いものは控える

 

出典:stock.adobe.com

ピッタ

症状:

・イライラして怒りっぽくなる

・食欲が旺盛になる

・吹き出物や湿疹が出る

・出血量が多く、経血は鮮血

 

出典:stock.adobe.com

 

対処法:

・入浴時はお湯の温度を低めに設定する

・新鮮な野菜や果物を摂る

 (サラダなどの熱くないもの)

・アルコールやコーヒー、チョコレートを控える

・乳製品や動物性食品を控える

・過度な運動は控える

 

出典:stock.adobe.com

カパ

症状:

・眠気が強くなる

・体がむくみ、体重が増加する

・胸部が張る

・吹き出物が出る

・粘り気のある経血

 

出典:stock.adobe.com

 

対処法:

・適度な運動を取り入れる

・生姜を意識的に摂る

・月経1週間前から乳製品や菓子、塩気の強い食事を控える

・パンやクッキーなどの精製小麦製品を控える

・納豆やとろろなどの粘り気のある食品を控える

 

出典:stock.adobe.com

体質を把握して不安定な時期を乗り越えよう

“ヴァータ”の特徴を持つ月経期間は、体や心が揺れ動いて不安定になりやすい時期

 

自分の体質と症状によって、身体の状態がどう傾いているかを知れば、女性ホルモンの変動と上手く付き合うことができます

 

出典:stock.adobe.com

 

次回は卵胞期の過ごし方を紹介していきます。




更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.