point house

アイドル並みに可愛い女子が銀座300BARに通う理由【最後の恋の見つけ方】

私の友人で、アイドル並みに可愛い女子がいます。名前を仮にA子とします。A子は、2ヶ月前に彼氏と別れてから、銀座にある300BARに通っているといいます。なぜ彼女は300BARに通うのでしょうか?

今回は、ナンパスポット300BARで実際にどんな出会いがあるのか、をご紹介していきます。

銀座にある300BAR(スリーハンドレッドバー)とは?

300BARはチェーン店で、銀座には3店舗もあります。週末は激混みで、平日でもある程度人が入っている人気店です。

名前の通り、お酒は全て1杯300円。また、300円で頼めるフードもあります。スタンディングバー なので、気になる人がいたら近くに行って話ながら飲食することが可能。ナンパ目的で来ている人が大半です。

銀座300BARではどんな男性と出会える?

300BARはリーズナブルなお店なので、誰でも気軽に利用することができます。銀座という土地柄、近くで働いている人が帰りに立ち寄る、ということも多いですが、ナンパ目的にわざわざ遠くからやってくるという男女もいます。

前述のA子によると、「話を盛り上げてくれる男性が多い」「職業は色々。私は、公務員、リクルート系の人、不動産、医療系、学生、税理士、IT系の人などに会った。変わった職業の人だと画家の人もいた」「ときどきかっこいい人もいる」「年齢層は20代前半〜40代前半までくらい。20代後半〜30代前半がボリュームゾーン」とのこと。

人目を惹くルックスの彼女のこと、わざわざナンパバーに通わなくても出会いはあるだろうと思うのですが、300BARに来るのは楽しいと言います。

「職場は女の子ばかりだし、普通にしていたら出会いはない。300BARに来たら、確実にいろんな人と話せるから楽しい。とくにタイプの人がいなくても、おしゃべりできるだけで息抜きになる。職場も新橋だし、近いから仕事帰りに通ってる。ただ、連絡先を聞かれても断りにくくて、興味ない人にもLINEを教えてしまい、いつも帰り道ブロックしてる。ブロックした人とまたBARで会っちゃったりして気まずいときがある。でも、ほかに出会いを増やす場所も思いつかないからしばらくは通うかも」とのこと。

「新しい出会いが欲しい」という人は、一度出かけてみてもいいのかもしれません。

【最後の恋の見つけ方】#9.ナンパスポット300BARは確実に出会いがある!どうするかはあなた次第

今回は、銀座にあるナンパスポット・300BARをご紹介しました。

銀座は、300BAR以外にも333BAR(薄暗くてクラブよりのバー)や、パブリックスタンド、スイッチバーなど、数々のナンパスポットが密集しているエリアです。ナンパに抵抗がなく、楽しく飲みたいという方は、週末銀座に出かけてみるのも一案です。



【PROFILE   今来今/Imakita Kon】

映画・舞台・漫画が好きなフリーライター。映画評・書評・恋愛コラムを執筆中。

https://twitter.com/imakitakon



更新日:

Copyright© P・H , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.