point house

【美腸】美肌になりたいならやるべき誰でもできる食生活改善法

出典:photo-ac.com

美肌になりたいというのは女性みんなの願いですよね。でもそれとは裏腹に、現代女性は忙しくて食生活、睡眠、ホルモンバランスなど生活習慣が乱れがち。このような生活習慣の乱れは美肌どころか汚肌に!特に食生活の乱れは汚肌まっしぐらです。この記事では、美肌を手に入れるための食生活について詳しく解説します。今までコンプレックスだった汚肌とはさよならして、理想の美肌を手に入れましょう。

 

美肌になりたいならやるべき誰でもできる食生活改善法

出典:photo-ac.com

友達と徹夜で遊んだり、仕事が忙しかったりで、ファストフードやインスタントで食事をすませることはありませんか?ファストフードやインスタントって手軽でおいしいですよね。ですが美肌を手に入れたい女性にとってこれらは天敵なんです。

ファストフードはカロリーが高く栄養バランスが偏っていることが多く、インスタントは食品添加物が気になる食品です。またこれ以外にも甘いものや揚げ物なども汚肌になる原因の一つ。美肌を本気で目指すなら、これらの食品としばらくお付き合いを控え、美腸を意識した食事に変えていきましょう。

汚肌の原因は腸内環境の乱れ

美肌を手に入れるには食事に気をつけることが大切です。ではなぜ食生活が乱れると汚肌になるのでしょうか。それは腸内環境が乱れるから。最近はやりの腸活は腸内環境を整えて、ヘルシービューティを目指す活動のこと。腸内には美肌を作るための美肌菌がいて、私たちの美肌のために毎日働いてくれているんですよ。

ところが腸内環境が乱れると、美肌菌はスムーズに働くことができません。私たちだって労働環境が悪いところではうまく働けませんよね。腸内環境の乱れは、まさに労働環境の悪い職場のようなものなのです。

酸化と糖化は汚肌が進む

出典:photo-ac.com

食生活の乱れは汚肌になる仕組みは、酸化糖化です。酸化は知っている人も多いかと思いますが、糖化はご存じでしょうか?酸化と糖化が肌にどのような影響を及ぼすかを知っておくと、食生活改善に向けてのモチベーションが上がりますので、ぜひ知っておきましょう。

酸化と糖化とは酸化

活性酸素によって細胞がさびること。肌のコラーゲンを作る働きを弱める、肌を守っている細胞を攻撃するなど、肌にダメージを与える。

糖化

AGE(糖化最終生成物)によって細胞がこげるような状態になること。コラーゲンの質を下げて、肌のハリを低下させる、肌細胞の血行が悪くなり肌環境が悪くなるなどの影響がある。

活性酸素やAGEは食生活が乱れると肌に悪さをします。これらが原因でどんどん美肌から遠ざかってしまうのです。活性酸素はおもに紫外線が原因ですが、活性酸素を抑えられる食物を積極的に取り入れることで美肌を維持できます。問題はAGE。こちらは食生活が主な原因で発生する物質です。糖質を多く含む炭水化物や甘いものを食べすぎると、血糖値がどんどん上昇し、AGEがたくさん作られます。AGEを抑えるには食生活を整える、そして美腸を目指すことが大切です。

美腸は食生活から

出典:photo-ac.com

腸内環境を整えて美肌菌が働きやすい美腸になるには、食生活を整えるのが大事です。ですが忙しい日常の中で自炊を頑張るのは大変です。せっかく美肌のために食生活を見直そうと思っても、続かなければ意味がありません。美腸になるには自分ができる範囲で美腸になるための食生活を続けることが重要!食生活を整える=自炊するなどと考えず、自分の取り入れやすい方法で食生活を変えていきましょう。そのためには、まず美腸になれる食物をチョイスすることが大切です。

美腸になれる食物

出典:photo-ac.com

美腸になるための主な食物を下記にまとめました。これらの食物をうまく取り入れて美腸、美肌を目指しましょう。

美腸になれる食物食物繊維

不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の2種類がある。不溶性食物繊維は便のカサを増して、便通をよくする。水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑えたり、便を柔らかくしたりする。

発酵食品

腸内環境のバランスを整える。納豆、キムチ、塩こうじ、みそなどがある。

オリゴ糖

食後の血糖値の上昇を抑え、腸の中の美肌菌と言われるビフィズス菌を増やすサポートをする。

ヨーグルト

美肌菌の1種である乳酸菌が豊富。

どれも腸内環境を整えてくれるビューティフードです。毎日全部食べるのは難しいですが、1日のうち1食だけでもヨーグルトを食べる、毎朝納豆を食べるなど簡単にできることから始めてみるといいでしょう。



美腸になれる食べ方

出典:photo-ac.com

美腸になるには、美腸になる食べ物を積極的に食べることが大切です。ですが忙しくてなかなか食生活を整えられないという場合もあるでしょう。そんな時は、なるべく腸内環境を乱さない、汚肌になりにくい食べ方を意識するといいでしょう。

美肌・美腸を意識した食べ方糖化を抑える効果がある食品をいっしょに食べる

高AGE食品の代表として挙げられるものとして、揚げ物があります。揚げ物を食べるときは、レモン汁やお酢をかけて食べるとAGEの合成を抑え肌の糖化が進みにくくなります。からあげにレモン汁を絞るように、他の揚げ物にもレモン汁を試してみてください。

油はオリーブオイルを使う

炒め物、揚げ物などを作るときの油をオリーブオイルに変えてみましょう。オリーブオイルは糖の吸収を抑えてくれるので、血糖値が上がりにくくなります。パンを食べるときにバターではなくオリーブオイルにするなど、ひと工夫で美肌効果が期待できますよ。

炭水化物を適切に摂取する

炭水化物の食べすぎはAGEが増えて良くないのですが、炭水化物を制限しすぎるのも良くありません。炭水化物は糖質だけでなく、美腸に必要な食物繊維も含まれています。炭水化物を制限すると、必要な食物繊維が摂取できない可能性が。炭水化物と言っても種類はとても豊富。糖質を気にしなくてもいいように、白米を玄米や雑穀米に変える、食パンを全粒粉のパンに変えるなど、ひと工夫するのがおススメです。それだけで糖質を抑えられ、摂取できる食物繊維の量が倍以上増えるのです。

美腸になれば憧れの美肌になれる

食生活を整えることの大切さはみなさんよくおわかりでしょう。ですが忙しかったり、食生活の乱れがどのようなリスクをもたらすのか知らなかったりと、行動に移すにはモチベーションが低かったのではないでしょうか。女性にとって肌荒れ、肌老化は今後を左右する大きな悩みになりかねません。高級な化粧品を使うのも悪くないですが、美腸でなければ化粧品の効果は表れにくいのです。美肌を目指すなら、ぜひ美腸になるための食生活を意識してみてください。



投稿日:

Copyright© P・H , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.