point house

チョコレートは自分を幸せにする。【モーリフォトエッセイ#9】

今年もバレンタインデーが来た。自分用にシャトロワの猫チョコレートを買った。


 

バレンタインデーは見るだけで楽しい

モーリフォトエッセイ#9

1月の後半にもなるとデパート全体がバレンタインの空気になってくる。「バレンタインはチョコレート会社が売り上げをあげるために作った行事」とかそういうのはもはやどうでもいい。かわいい包装のチョコレートは見ているだけで楽しい。特に缶に入っているチョコやコラボチョコレート。缶なんていっぱいあっても別に入れるものもないのだけど。

気に入ったデザインや気に入った缶のチョコレートを見つけたときは、運命だと思ってその場で買った方が良い。毎年候補がありすぎて悩んでいるうちに人気のチョコレートは売り切れてしまっているのだ。

好きな人には定期的に好きと伝えることが大事

モーリフォトエッセイ#9

小学生のときにはじめて溶かしチョコを作った。スーパーのお菓子作りコーナーにわくわくした。アラザンという銀色のボールを溶かしチョコに入れるとちょっとそれっぽくなるな、と思った。入れすぎてしまうと食感がガリガリしてあまりおいしくない。私はクラスの男にあげることはなかったけど、まわりの女の子達はちゃんと本命チョコを持ち寄っていて、せっかく渡されたチョコを素直に受け取れない男子を思い出す。学校にお菓子を持ってくるのは禁止されてたので、実家まで渡しに行っている子もいた。友チョコ、義理チョコ、本命チョコ、どれももらったら嬉しい。本命とわからないように渡す本命チョコも嬉しい。恋愛関係なく自分の好きな人に定期的に好きですよと伝えるのは大事なことだったなあと大人になってからずっと考えている。

バレンタインはあげるだけじゃなくて自分へのご褒美を買う日

モーリフォトエッセイ#9

あげる予定・もらう予定がないとバレンタインが無関係という人がいるけど、ぜひ自分に美味しいお菓子を買ってあげて欲しい。二十代前半までは自分に厳しくと思っていたので、ここ数年は自分に甘やかすことを忘れないようにしている。疲れたら休むこと。体調が悪いときに無理しない。食べたいものを食べる。節約しすぎない。できなかったことを責めない。環境を整える。自分を褒める。体調管理の基本は睡眠だと思っているけど、不思議なことに疲れているときほど眠れなくて、気持ちを整えることも生きてくのに大事だ。チョコレートには幸せになる効果がある。

チョコレートは幸せを増やす効果がある

モーリフォトエッセイ#9

チョコレートに幸せな効果があるのは、食べて美味しいからとかだけじゃなくて、カカオに含まれている成分がセロトニンに働きかける効果を持っているからだ。セロトニンが増えると幸せを感じやすくなるらしい。なんだか疲れているときはちょっとした幸せを感じられなくなってしまう。例えば、整体に行って体の歪みが取れて楽になるのは納得しやすいけど、落ち着く効果・リラックス効果と言われると「具体的にどう効果があるのか?」とか思っていたけど、リラックスできる時間は毎日ないと気付かないうちにすり減ってしまうことに気付いた。疲れていないはずなのに疲れているのは、パソコンとかスマホを置いてゆっくりする時間が必要だと思っている。恋人がいなくても自分のためにチョコレート作りに勤しむ女の子はかわいい。チョコレートを自分のために買う人もかわいい。毎日美味しいものを食べたり、暖かいものを飲むことを意識的にやりたい。私は高カカオのチョコレートを食べながら、ゆったりとした気持ちでこの記事を書いた。




Profile:モーリ
フォトグラファー / ライター
東京でバンドや人を撮影しながら、傍らで文章執筆をしています。
その他、ライブ写真やアーティスト写真、ポートレート、アパレルEC撮影などで活動中。

各種SNSのフォローお待ちしてます。作品撮りモデルも随時募集しています。
( litlink:https://lit.link/sadistic24  )

model:YUKA

投稿日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.