Life P.H編集部

マツコの知らない世界で話題のホテル【アンダリゾート伊豆高原】に泊まってみた!

更新日:

人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介されていた【アンダリゾート伊豆高原】ホテル。なんでも、夕食時のアルコールドリンク無料、ラウンジでのお茶、スナックが無料、アクティビティが無料と、もろもろが料金に含まれているという! これは、食いしん坊の家族を持つエディターMがいくしかないと思い立ち、テレビ放映後即予約。今回は、実際に自腹で泊まってみた感想を赤裸々にレポートします。

 

ラウンジで飲み放題ってほんと助かる!

テレビで観たとおり、ラウンジにありました!無料ドリンクバーが!伊豆高原の名産であるぐり茶をはじめ、コーヒーなどが好きなときに好きなだけ飲めます。

このぐり茶がまろやかでとってもおいしい♡ 甘味とコクがあって滞在中こればかり飲んでしまいました。

ドリンクのほかには、アイスキャンディーが。これもいつでも食べ放題です。

 

お部屋は天井が高い!

スタンダードなツインのお部屋がこちら。テレビで観たとおり、天井が高く、ホテルのコンセプトであるバリ風のインテリアで統一されています。

天井にはバリのインテリアでよくみられる曼荼羅風模様の布がかけられていて、とっても落ち着く空間でした。

 

貸切露天風呂ももちろん無料

館内には、大浴場のほかに、貸切露天風呂がいくつかあります。このときは、4名程度が入れるHARAPというお風呂へ。

お昼に入ると、こんな感じでお庭と遠くに見える海を眺めながら入浴できます。

時間は夜も選べるのではカップルさんは夜のほうがムードがでるかも。ひとっ風呂浴びたら、次はいよいよディナーです。

 

大食漢でも大丈夫。ボリューム満点のメニュー

こちらは前菜。ホテルのトレードマークであるかえるちゃんの旗がたっています。どれも新鮮&美味であっという間にペロリです。

伊豆近海で採れたお刺身が舟盛りで出てきます。採れたてなのが口の中でわかるくらい新鮮で、ホテルでこういうものがいただけるのはポイント高い!




酔ってしまって、食べてから撮ってしまったメインのアンダ特製ローストビーフ。とっても柔らかくて満足。ソースが和風とトリュフの2種類から選べ、トリュフソースをチョイス。かなりトリュフを感じられるくらい贅沢に使用されていました。

なんと、メインは、選べるんじゃなくて、追加できるんです!この日のメインは、上記で紹介したアンダ特製ローストビーフと豚肉のトマト煮。普通メインって選択制ですよね? でも、アンダリゾートではお替わりできるので食いしん坊さんにはたまりませんね。なんと、メインは、選べるんじゃなくて、追加できるんです!この日のメインは、上記で紹介したアンダ特製ローストビーフと豚肉のトマト煮。普通メインって選択制ですよね? でも、アンダリゾートではお替わりできるので食いしん坊さんにはたまりませんね。かなり省略しましたが、このほかにもスープ、デザート、パンなど、フルコースで出てきます。もちろん夕食時のアルコールもフリーなので飲みすぎてしまわないよう注意です。

 

やっぱりエステは外せません

館内には、エステサロンも完備。こちらもバリ風のインテリアで統一されたリラックスできる空間。クリームバスをはじめ、ほどよく圧のかかったバリニーズアロママッサージが受けられます。

今回は、ボディ&フェイシャル90分¥13,000をオーダー。なんでも無料のアンダリゾートでもさすがにエステは別料金ですが、ホテル内のエステにしてはお手頃です。ゆったりとした個室でうけられ、施術もとってもお上手。知らぬ間に眠りに落ちました。

 

え?まだ食べるの?夜食もアンダリゾートのウリ

エステ後、大浴場で温泉に入り、再びレストランへ。なぜってアンダリゾートでは、素敵な夜食が用意されてるんです。エステで消費したのに意味な~いと思いつつ魅力的な夜食の誘惑にかられ堪能してしまいました。夕食とはメニューが変わって、グリーンカレーや、ミーゴレン、ポテト、チョコレートファウンテンなど思わず手に取りたくなるラインナップがずらり。もちろん夜食時もアルコールフリー。ほんとこのホテル、どこまで飲ませるのでしょうか?

出典:アンダリゾート

 

翌朝は前日と違う貸切露天風呂へ

バリの小屋(ガゼボ)の中にある貸切露天風呂。前日とは違うお風呂が楽しめるのはうれしい限り。

こちらは竹林を眺めながら入浴できます。隣にはシャワーブースがあり、屋外でのシャワーは天気のいい日には最高。バリ島に行ったときこういう屋外のシャワーを利用したことがあるのですが、そのときと同じような気持ちよさを日本で体験できます。

 

朝風呂のあとは朝食ビュッフェ

前日、夜食までみっちり食べたので、朝は少なめに。奥にある和食は、ビュッフェとは別に出てきます。パンケーキがまたシンボルのかえるちゃん型になっていて、女子や子供うけよし。

 

エンタメ施設が大充実!

リゾート内には、ビリヤードやゲーム、パターゴルフなど、楽しめる設備がたくさん。もちろん無料で、ここ以外にもあるので、ほかの人が使ってて利用できないなんてこともなく楽しめました。

またラウンジ以外にも至るところに、無料ドリンクバーがあって、気兼ねなく利用できるのは魅力。

ゆったりできるソファーなどが、いろんなところにあるので、ゆっくり自分のペースでお茶を飲みながら読書、なんていうことが可能。心身ともにくつろげる空間が随所に用意されているので、癒しが欲しい人におすすめのリゾート。マツコの知らない世界リゾート編で紹介されていたのも納得の満足のいく旅となりました。

 


ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原

住所 静岡県伊東市八幡野1133

TEL 0120-759-026

https://www.andaresort.jp/




-Life, P.H編集部
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© P・H , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.