point house

『マンマ・ミーア!』ドナが同時に3人と寝てもビッチと言われない理由

『マンマ・ミーア!』は2001年にブロードウェイで公開されたミュージカルです。日本版ミュージカルは劇団四季が手がけており、2008年には映画化、2018年には映画化の続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』が公開されるなど、約20年にわたって愛され続けている作品です。

今回は、世界中を魅了し続けている『マンマ・ミーア!』から幸せな女性になるヒントを探っていこうと思います。

『マンマ・ミーア!』の何がすごかったのか

『マンマ・ミーア!』の主役は、ホテルを経営するシングルマザーのドナ。女手ひとつでホテル経営を行いながら娘のソフィを育てています。

ソフィは父親を知りませんが、ドナの日記を読んだことによって、父親候補が3人いることを知り、自分の結婚式に招待し、誰が本当の父親かを突き止めようとする、というのがおおまかなストーリーです。

『マンマ・ミーア!』がヒットした一番の理由は、やはり楽曲の素晴らしさでしょう。全編にわたってABBAのノリノリの曲が使用されていて歌を聞いているだけで気分が上がります。

ふたつ目の人気の理由は、主役であるドナのキャラクターです。

3人の男性と同時期に関係を持ち、妊娠する主人公

ドナは冒険心溢れる女性で、学校を卒業した後、情熱をかたむけられることを探すために旅にでます。

その旅の過程で、真面目な童貞男子ハリー(のちのエリート銀行員)、遊び人のビル(のちの作家)、運命を感じたサム(のちの建築家)と出会い、次々に関係を持ちます。

ドナが3人と関係を持っていた期間は丸かぶりしているため、「誰が娘の父親か」はハッキリとしていません。

一般的には、そういった女性は、「軽い」「ビッチ」などと嫌われそうなものですが、「同時に3人の男性と関係していた」ことを知らされても、3人の男性は、軽蔑したり、幻滅したりはしません。

ミュージカル作品の中だけではなく、『マンマ・ミーア!』ファンが世界中にいることからも明らかなように、ドナというキャラクターは、「軽い女」という汚名を着せられることなく、世界中で愛され続けています。

名作ヒロインに学ぶ♡幸せ女子になるヒント9: 本当の意味で自分を大切にすること

なぜ、ドナが軽い女と軽蔑されず、むしろ愛すべきキャラクターとして受け入れられているのか、それは、彼女が「自分を大切にしていて」かつ「セックスを何かを得る手段として利用していない」からではないかと思います。

ドナは、「愛して欲しいからセックスしよう」とか「どうでもいい男性と関係をもっていい」とは思っていません。

明らかにお互い惹かれあっている相手と、「自分がそうしたいから」という理由でしているのです。「セックスしたら付き合ってくれるだろう」とか「関係を持つことで何かが手に入る」なんて、まったく考えていません。

自分の意思で行動しているので、妊娠が発覚しても、3人のうち誰かに責任を取ってもらおうなんて考えず、誰にも知らせることなく、自分ひとりでソフィを育てます。

ドナは、本当の意味で自分を大切にすることを知っていて、責任を自分で引き受けられる強い女性だからこそ、世界中から愛される存在になることができたのでしょう。



【PROFILE   今来今/Imakita Kon】

映画・舞台・漫画が好きなフリーライター。映画評・書評・恋愛コラムを執筆中。

https://twitter.com/imakitakon



更新日:

Copyright© P・H , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.