point house

起こりうる未来が知りたい!占いは霊視と透視どちらがいいの?

出典元:photo-ac.com

この先の未来を知ることができるなら、あなたは知りたいですか?知りたい人もいれば、知りたくない人もいるでしょう。もし、今置かれている現状に不安があったり、この先自分がどうなるのか気になったりしているなら、占いに頼ってみるのもいいかもしれません。占いは確実に未来を予測するものではありません。しかし、迷っている自分の背中を後押ししてくれるものとなるでしょう。占いにはいろいろ種類がありますが、この記事では霊視と透視について解説します。

霊視は目には見えないものをみる

出典元:photo-ac.com

霊視とは、目には見えないものをみる能力です。守護霊様、神様など霊的な存在が見える場合が多く、それらから情報を得て未来を見通すことができます。遠く離れた場所にいても能力を発揮できるので、占い師によっては対面だけでなく、電話占いなどで霊視を行う人もいます。霊視では、他人の気持ちを知ることもできます。復縁希望の彼、今の恋人やパートナー、不倫相手、片思いの相手など、気持ちを知りたい人がいるなら霊視がおすすめです。ただし、現在の状況から見るため、思いや行動で、今後の状況が変わることが多いです。

透視は存在しているものをみる

出典元:photo-ac.com

透視は、物理的に存在しているものを見ることができます。過去の出来事から現在の状況、今後起こりうる未来についてみることが可能です。霊視と似ていて、守護霊などの霊的な存在から情報を得る場合や、ビジョンを見る場合などがあります。透視は、現在に近い過去や近未来をみるのにおすすめです。透視も、遠く離れた場所にいても能力が発揮できるので、現在の気になる人の様子などを見てもらうことができますよ。

霊視と透視どちらがいいの?占い師の選び方は?

 

出典元:photo-ac.com

霊視と透視は似ている印象がありますが、異なる面もあり、一概にどちらが優秀とは言えません。どちらがいいか?ではなく、自分の占いたい内容によって、適したほうを選ぶことが重要になるでしょう。気になる人の気持ちの変化や、恋人たちの潜在的な問題点を知り、今後に生かしたいのなら霊視で占ってもらうといいでしょう。気になる人の彼女の有無、これから起こりうる近未来の出来事を知りたいなら、、透視で占ってもらうのがいいのではないでしょうか。霊視、透視のできる占い師と言っても、ネットで検索すれば山ほどヒットします。これでは誰に占ってもらえばいいのか判断ができませんよね。自分のききたいことをしっかり聞くために、時間とお金をかけるのですから、自分に合った占い師を見つけるのがベストです。

自分に合った占い師の見つけ方・聞きたいことをまとめておく

・ある程度、占いたい人の個人情報を集めておく

・話し方や寄り添い方が暖かく、相談内容を否定しない人を見つける

出典元:photo-ac.com

自分が聞きたいことを深堀りしたいなら、何を聞くのかまとめておきましょう。相談中、話の流れでいろいろ質問してしまい、聞きたいことが深く聞けなかったということになると、時間もお金も無駄にしてしまいます。また、霊視や透視以外にもタロットカードなどを用いる占い師もいるので、気になる相手を占ってほしいなら、生年月日や生まれた場所などを知っておくと、より信憑性のある占いをしてもらえるでしょう。あとは、占い師の話し方や寄り添い方など、人柄が暖かい人物を選ぶといいですね。ときに相談内容を否定したり、話し方がそっけなく感じて信頼関係を築けなかったりする占い師もいます。そのような占い師ではなく、占い結果が厳しい内容でもありのまま伝えてくれて、その結果を覆せるようなアドバイスをしてくれる占い師を探しましょう。



霊視や透視で見れないもの

出典元:photo-ac.com

霊視や透視でも見れないものはあります。どのような内容がタブーとなるのか、占ってもらう前に把握しておきましょう。

占えないこと・人の生死、病気や寿命

・妊娠の可否

・ギャンブルや投資について

・犯罪、反社会的勢力に関わること

・政治にかかわること

・専門知識が必要なこと(医療・法律など)

・忘れ物、落とし物の場所

このほかにも、占い師を試す行為はやめましょう。占いはあくまで占いです。当たる、当たらないということだけでなく、今の自分の状況を変えたいときに行うものと言えます。りよい未来のため、自分が幸せになるために必要な助言を受けたいときに、相談するのがいいですね。特に誰にも相談できない悩み、例えば不倫や性の悩み、自分の家族のことなどを誰かに聞いてほしいという場合に、占い師に相談してみるといいかもしれません。占い師は、多くの人のいろいろな悩みを聞いてきたプロです。そのため、偏見なく聞いてくれる人も多いので、はけ口がなくてつらい人は頼ってみることをおすすめします。

霊視と透視は悩みによって使い分けて

出典元:photo-ac.com

霊視や透視は、似ているようで、占えることが違います。自分の悩みはどんな内容かまとめると、どちらで占ってもらえばいいか見えてくるでしょう。どちらもできる占い師もいるので、相談内容があいまいだったり、たくさんあったりするなら、どちらも得意としている占い師を見つけるといいでしょう。自分の未来が不安なら、今後どのような未来が待っているのか、明るい未来とするために助言を得てみてください。



更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.