point house

肌の「糖化」は老化の原因!知っておくべき糖化の原因と対処法

出典:photo-ac.com

年齢とともに衰える肌・・・。肌の老化は進む一方だと考えていませんか?肌の老化は年齢以外にも様々な原因があります。その原因の一つが「糖化」です。この記事では、肌の老化の原因である「糖化」についてレクチャーします。「糖化」が起こる原因や、その対処法などを知って、糖化を予防し若々しさを維持しましょう。

肌の「糖化」は老化の原因

出典:photo-ac.com

「糖化」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。肌の老化の原因として有名なものに「酸化」がありますね。「酸化」と「糖化」については、この後違いをレクチャーしますが、最近では「酸化」と並んで「糖化」も肌を老化する原因として注目されています。「糖化」は一度進むと元に戻らないので、なるべく若いうちから対処するほうがいいでしょう。

<老化の原因には「酸化」と「糖化」がある>

出典:photo-ac.com

前述した通り、老化の原因には「酸化」と「糖化」があります。この2つの違いは以下の通りです。

老化の原因・酸化

細胞がさびるような状態。主に紫外線によって活性酸素が発生して酸化が進む。肌のコラーゲンを作る働きを弱める、肌を守る働きを担っているメラノサイトを攻撃するなど、肌に害を及ぼす。

・糖化

細胞が焦げるような状態。血液中に余った糖が体内のたんぱく質に絡みつく。コラーゲンに柔軟性がなくなり、肌のハリが低下してたるみなどが生じる。また、肌の血流が悪くなり、肌環境が悪くなる。




糖化の原因とは

出典:photo-ac.com

「糖化」が肌の老化の原因となることは前述しましたが、なぜ「糖化」が起こるのでしょうか。以下にまとめました。

「糖化」の原因・甘いものの食べすぎ

・血糖値が急激にアップするような食生活

・AGE(糖化最終生成物)が含まれている食品を食べる

これらについて詳しく説明していきます。

「糖化」の原因は、甘いものを食べすぎること、食後の血糖値が急激にアップするような食生活を送ることが主な原因です。甘いものとはお菓子、人工甘味料が含まれているもの、甘みの強いフルーツなどを言います。これらの甘いものを取りすぎると、エネルギーとして使われるはずの糖が体の中で余ってしまいます。余った糖は体内のたんぱく質に絡みついてしまい、AGEと呼ばれる老化の原因になる物質が生み出されてしまうのです。

※AGE・・・体内に余った糖と体内のたんぱく質が絡みついてできる老化原因物質

 

出典:photo-ac.com

糖は甘いものだけでなく、ごはん、パン、麺類や野菜などにも含まれているため、甘いものだけが危険というわけではありません。肌の弾力を担っているコラーゲンはたんぱく質の一種。糖がコラーゲンに絡みつくと、コラーゲンがダメージを受けて、肌の弾力がなくなりたるみができてしまうのです。

また、血糖値が急激に上がりやすくなる食生活にも注意が必要です。甘いものの食べすぎはもちろんですが、おなかがすいているときにたくさんドカ食いすると急激に血糖値が上がります。不規則な生活を送っている方は特に注意が必要でしょう。食品の中にはAGEが含まれているものがあります。代表的なものに揚げ物、焼き肉などがあります。高温調理したものにAGEは含まれやすくなっているので注意が必要です。

「糖化」を防ぐ対処法

 

出典:photo-ac.com

「糖化」を招く原因を知って、自分に当てはまるなと感じた人は多いのではないでしょうか。しかし「糖化」にも対処法はあります。正しい対処法を知って、少しでも「糖化」を防げるよう行動しましょう。

「糖化」を防ぐ対処法・甘いものを食べすぎない

・白い食べ物より茶色の食べ物を

・AGEがたくさん含まれている食品を食べすぎない

まずは甘いものを食べすぎないこと!甘いものが好きな人は、毎日お菓子を食べていたり、ケーキを2個、3個と平気で食べたりと、甘いものには目がありませんよね。毎日お菓子を食べることが悪いわけではないし、ケーキを食べるのを楽しみにしているのなら食べても大丈夫です。しかしお菓子を食べる量や、ケーキを食べる頻度など、自分でも食べすぎてるかなと気になる量であれば少し減らしてみましょう。可能であれば少しずつ食べる量、頻度を減らしていけるとなお良しです。甘いものは食べるときに幸せを感じたり、食べるときの楽しみの一つだったりするので、無理に食べないようにするよりは、少しずつ減らして1日に食べる量を自分で決めるといいですね。

出典:photo-ac.com

次に白い食べ物よりも茶色の食べ物を食べるように意識しましょう。例えば白米より玄米、うどんよりそば、食パンよりライ麦パンを食べるなど。ちょっとしたことですが、白い食べ物より茶色の食べ物には食物繊維など、身体にプラスに働く栄養素が含まれている場合が多いです。何気なく食べているものばかりですが、茶色の食べ物に変えてみるといいですね。AGEが多く含まれる食品にも注意しましょう。前述した通り、揚げ物や焼き肉など高温調理したものはAGEが多く含まれています。これらを食べるときはお酢やレモン汁などを取り入れると効果的です。揚げ物にレモン汁をかける、焼き肉を食べる前に酢の物やマリネなどを前菜として食べるなど、それだけで血糖値の上昇を抑えることができます。

糖化を防いで老化予防!

出典:photo-ac.com

「糖化」は老化の原因の一つとして注意したいもの。加齢だけが老化原因ではありません。もう歳だから・・・と考えるのではなく、少しでも若々しさをキープできるように、「糖化」を予防していきましょう。



更新日:

Copyright© P・H , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.