point house

絶対シミを作りたくない人必見!シミのない肌になる方法

出典元:photo-ac.com

年齢を重ねるにつれて、シミが気になってきたという人は多いのではないでしょうか。シミができると、年齢より老けて見えてしまいます。この記事ではシミの種類と原因や、シミを消す方法などをご紹介!シミにお悩みの人はぜひ参考にしてみてください。

シミの種類と原因

出典元:pixabay.com

シミに種類があることをご存じでしょうか。同じ種類のシミができているように見えて、実はいくつかの種類が混ざっているかもしれません。ここではシミの種類やおもな原因について解説します。

〇老人性色素斑(日光性黒子)

シミの中で一番多い種類。紫外線や肌の老化によってメラニンが蓄積することが原因でシミができる。直径数ミリから数十ミリのさまざまな大きさが見られる。薄い茶色から次第に黒くはっきりしたものに変化する。

〇雀卵斑(そばかす)

遺伝的要因でできる。幼児期から思春期にかけて目立っていき、紫外線の影響で濃くなることがある。直径2~3㎜の小さな点状に広がるシミ。形は三角や四角が多く、薄い茶色や褐色が多い。

〇炎症性色素沈着

ニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が原因でできるシミ。ムダ毛を毛抜きで抜いた時に毛穴周りが黒くなることもある。色は赤色から黒色までさまざまなものがある。

〇肝斑

紫外線や女性ホルモンのバランスが乱れたときにシミができやすい。左右対称にできるのが特徴で、色は淡褐色や暗褐色など。

以上のように、シミの原因はさまざまですが、どの種類のシミであっても紫外線の影響でシミが濃くなるリスクがあります。シミが濃くなるのを防ぐために、紫外線対策は必ず行いましょう。




化粧品ではシミは消せない!

出典元:photo-ac.com

シミを消したくて、化粧品にお金をかけたとしても、期待した効果は得られません。化粧品ではシミを防ぐことはできても、シミを消すことはできないのです。だからといって、お手入れが無駄というわけではありません。シミのない肌を手に入れたいのなら、化粧品役割に合ったお手入れをしましょう。今あるシミを濃くしない、新しいシミを作らないように、美白成分の入ったスキンケアアイテムを選んで、シミケアを行ってください。

シミに有効な美白成分・ビタミンC誘導体

メラニンの生成抑制、還元、チロシナーゼ活性阻害

・トラネキサム酸

抗炎症、メラニンの生成や指令を阻止

・カモミラET

抗炎症、メラニンの生成や指令を阻害

・リノール酸

メラニンの排出促進、チロシナーゼ分解

・4MSK

チロシナーゼ活性阻害

シミはメラノサイトと呼ばれるシミをつくる工場が、シミのもととなるメラニンを作ることでできます。メラニンはチロシナーゼという酵素の働きによって作られます。シミができないようにするには、チロシナーゼの働きを抑える、メラノサイトが働かないようにする、メラニンの生成を抑えることが重要です。また、できてしまったメラニンを排出する働きを促したり、メラニン色素を還元したりするのも、シミを防ぐのに有効です。美白有効成分配合のスキンケアアイテムを使うだけでなく、日焼け止めを塗る、日傘や帽子などで紫外線を遮断するなどの紫外線対策も合わせて行うと、より効率のいいシミケアができますよ。

シミ消したいなら美容医療!

出典元:photo-ac.com

化粧品を使ってシミを消すことはできませんが、美容医療ならレーザーやIPLと呼ばれる光治療、ケミカルピーリングなどでシミを取り除くことができます。

〇レーザートーニング

医療用レーザー機器を使用して、弱いパワーで肌に余計な刺激を与えることなく、肌の中に滞留しているメラニンに対し、穏やかに働きかける。これにより、徐々にメラニンを排出させる治療。レーザートーニングは、シミやくすみなどの色ムラを改善する効果が期待できる。

〇IPL

シミ・そばかすの原因であるメラニン色素に、光エネルギーが吸収され熱に変わる。この熱ダメージを受けたメラニンは、肌のターンオーバーにより、皮膚表面に押し出されて、自然に外へ排出される。

〇ケミカルピーリング

肌表面の古い角質を除去する治療。

〇イオン導入

皮膚に微弱な電流を流し、直接塗るだけでは浸透しにくい水溶性の美容成分を肌の深部まで効率よく導入することができる。粒子の小さいビタミンC誘導体やプラセンタなどを導入するのに適している。

〇美容点滴

注射や点滴でビタミンCを体内に取り込む。

〇内服薬、外用薬

シミ、メラニンをつくるメラノサイトの活性化を抑えるトラネキサム酸やメラニン生成を抑えるビタミンCなどの内服薬の処方があり、特に肝斑に有効。外用薬の場合は、ハイドロキノン、レチノイン酸、ビタミンC誘導体が有効。医療機関で処方してもらえる。

シミ対策はすぐに始めて!

出典元:pixabay.com

シミがあるだけで老けて見られたり、コンプレックスを感じたりと、肌に自信が持てなくなります。シミを消したいなら美容医療に頼ったり、日ごろから美白有効成分配合のスキンケアアイテムでお手入れすることが大切です。また、紫外線による影響で、新たなシミの原因になり、今あるシミを濃くすることがあります。美容医療やスキンケアを頑張っても、紫外線対策をしないと意味がありません。紫外線対策をしっかりと行って、シミの予防を行うと、より効果的なシミケアができますよ。



更新日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.