point house

たるみを消したい人必見!たるみの原因と改善のためのポイント

出典元:photo-ac.com

30代になって、顔のたるみが気になってきたという人は多いと思います。鏡を見るとほうれい線ができていたり、フェイスラインがぼんやりしていたり…20代のときには気にならなかった部分が気になってきますよね。たるみの原因は加齢によるものだと思ってあきらめていませんか。実はたるみの原因や改善ポイントを知れば、気になるたるみを撃退できますよ!この記事ではたるみの原因や改善ポイント、たるみを改善できる美容医療などを解説します。

たるみとは

出典元:photo-ac.com

目じりや目の下、口もと、フェイスラインなど、全体的に下に下がってきている状態をたるみといいます。いろいろな原因により、顔の皮膚や靭帯などが衰えると、支える力が弱くなるため、皮膚が垂れ下がり老けた印象に見られやすくなります。目もと、口もと、フェイスラインのたるみが目立ってくると、顔全体が疲れた印象になり、一気に老け顔になってしまいます。リと弾力のある肌をキープしたいなら、普段のケアが重要ですよ。ほうれい線や口角から下に伸びるマリオネットラインが目立ってきたり、フェイスラインがぼやけてきたりしたら、これはたるみのサインです。たるみがすすむと、卵型だった顔の輪郭が四角くなってくるので、鏡を見るときに輪郭をチェックしてみましょう。

たるみの原因

 

出典元:photo-ac.com

たるみの原因には以下の3つが挙げられます。

ハリの低下

肌のハリが低下すると、顔がたるんでしまいます。肌のハリや弾力を作り出す成分に、コラーゲンやエラスチンがあります。皮膚は大きく分けて、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。コラーゲンやエラスチンは、真皮に存在していて、コラーゲン線維は真皮の中で網のように張り巡らされ、クッションのような役割を果たして肌の弾力を生み出しています。そのコラーゲンを支えるのが、エラスチン繊維やヒアルロン酸です。しかし、コラーゲンやエラスチンは加齢により減少していきます。

それだけでなく、紫外線や食生活、生活習慣などにより肌が酸化することで、肌のハリや弾力が低下します。特に紫外線によるダメージは真皮にまで到達するので、コラーゲンやエラスチンがダメージを受けることで、ハリや弾力が失われてしまうのです。

出典元:photo-ac.com

表情筋の衰え

顔は、皮膚の奥の脂肪、、筋肉、骨という構造で成り立っています。筋肉は脂肪の奥で脂肪や皮膚を支えており、筋肉が衰えてくると皮膚などを支えきれなくなり顔全体のたるみとなります。表情筋を使わずにいると、顔の筋力が衰えたるみになり、また加齢による筋力低下も加わることでさらにたるみがすすむんでしまうのです。

猫背などの悪い姿勢

猫背は、背中が丸くなり、あごを前に突き出した姿勢になりがちです。この状態が続くと、首の後ろの筋肉が縮みんでしまい、これによって頭の後ろの筋肉や顔全体が下に引っ張られてしまうことでたるみにつながります。デスクワークや、スマホをみるときに猫背になりやすいので要注意です。



たるみを改善するためのポイント

出典元:photo-ac.com

たるみを改善するためには、以下のことに気をつけましょう。

1.紫外線対策

紫外線によるダメージは、肌のハリを低下させます。紫外線は肌のコラーゲン繊維やエラスチン繊維にダメージを与えて、顔をたるませます。紫外線は夏場だけ対策するイメージがあるかもしれませんが、ハリにダメージを与える紫外線であるUVAは一年中地表に降り注いでいるため、紫外線対策は1年じゅう必要です。

2.表情筋を鍛える

全身の筋肉のように、表情筋もトレーニングをすれば鍛えられます。表情筋は、全体の30%程度しか使われていません。そのため表情筋をしっかり動かすことで、表情筋を鍛えて皮膚などを支えることができるのです。また、表情筋を動かすエクササイズをを行うと血行やリンパの流れを改善でき、たるみにくくすることができます。エクササイズは毎日行うことが大切です。エクササイズは口角を上げることを意識するだけでOK。隙間時間にできるので、毎日エクササイズを行うようにしましょう。

3.食生活の改善

飲酒や過剰な脂質や糖質の摂取は、肌の糖化を加速させます。肌が糖化すると、コラーゲン繊維やエラスチン繊維に糖化により生みだされた物質が絡まって、コラーゲン繊維、エラスチン繊維にダメージを与えてしまいます。偏った食事は糖化が進む可能性があるので、野菜や発酵食品などを意識して摂取するといいでしょう。

たるみが改善できる美容医療をご紹介!

出典元:photo-ac.com

たるみを改善する美容医療には、以下のような方法があります。

糸リフト

たるみを糸リフトを使用し上に持ち上げることで、たるみを目だなくさせることができます。

ボトックス注射

ボツリヌス菌が産生する物質を注射で注入し、筋肉の働きを麻痺させて表情筋を動きにくくすることでシワやたるみがよりにくくする治療です。1回の治療で4~6か月ほど効果が持続します。

ハイフ

ハイフは、外部から高密度の焦点式の超音波(HIFU)を当てることで、たるみを引き上げます。

それぞれ、施術中の痛み、ダウンタイム、持続効果、料金などが違うので、自分に合った治療法を探してみてください。

老け見えが嫌ならたるみケアを!

出典元:photo-ac.com

顔がたるむと、年齢よりも老け見えになるかもしれません。顔のたるみは加齢や紫外線、生活習慣など、いろいろなことが原因として挙げられます。なるべくたるみの原因を取り除きたいですが、すべて取り除くのは難しいですよね。たるみを予防、改善したいなら、フェイスエクササイズや紫外線対策、時には美容医療を頼り、たるみをケアするようにしましょう。



更新日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.