point house

30代のボディはヒップが鍵!ヒップを鍛えるメリットとは

出典元:photo-ac.com

丸みのあるプリンとしたヒップは憧れですよね。ですが30代になるとヒップが垂れ下がって、四角い形のヒップになってしまいます。ヒップが垂れ下がると、老け見えしてしまうかもしれません。この記事では、ヒップを鍛えるメリットやエクササイズの種などをご紹介します。

◇30代になるとヒップが老化する?

出典元:photo-ac.com

女性らしさの象徴といえば、真っ先にバストが思い浮かぶかもしれませんが、丸みのあるヒップも女性の象徴の一つ。しかし30代になるとヒップの老化が進み、何もしなければみっともない型崩れしたヒップになってしまいます。ヒップの位置が下がると足が短く見えたり、太く見えたりとボディバランスが悪くなります。またパンツスタイルになった時に、後ろ姿が老け見えする原因にもなりかねません。

出典元:photo-ac.com

ヒップが老化する原因は「骨盤がゆがむこと」「筋力が低下すること」。30代になると出産を経験する人が多く、骨盤のゆがみによりヒップの形が崩れてしまいます。また足を組む癖のある人は骨盤がゆがんでいる場合が多いので、早い人では20代後半からヒップの老化が始まっているのです。それだけでなくヒップは筋肉によりきれいな形をキープしているので、加齢や運動不足の影響で徐々に垂れ下がってしまいます。

◇ヒップを鍛えるとメリットいっぱい

ヒップを鍛えるとメリットがたくさんあります。美容面ではスタイルがよく見える、女性としての魅力・セクシーさが高まるなど、ボディがきれいに見え見えるというメリットが。それ以外にも健康面でもメリットが多いのをご存じでしょうか。

 

出典元:photo-ac.com

ヒップの筋肉には、体を支える、関節の保護、バランス感覚の保持する役割があります。そのため歩行にもかかわっている重要な筋肉で、健康面でもメリットが大きいのです。またヒップの筋肉は大きな筋肉なので、鍛えれば代謝アップが期待できます。ヒップを鍛えるだけで痩せやすい体を目指せるのです。

◇ヒップを鍛える方法をご紹介

出典元:photo-ac.com

ではヒップはどのように鍛えるといいのでしょうか。ヒップの筋肉は普段使っていない筋肉が多く、鍛えないとどんどん垂れ下がっていきます。しかし逆を言えば鍛えれば鍛えるほどヒップは応えてくれるということです。ヒップの老化が気になるなら、意識的にヒップアップできる方法を取り入れるとおすすめですよ。

1.歩き方を見直す

出典元:photo-ac.com

ヒップアップしたいなら、歩き方を見直すだけでもOKです。意外と歩くときの姿勢が悪い人が多いので、背筋を伸ばして胸を開き重心を後ろにさげて歩くように意識するだけでも変わりますよ。

2.正しい姿勢で立つ

出典元:photo-ac.com

ヒップの老化の原因の一つは「骨盤のゆがみ」です。猫背だったり、肩が内巻きになっていたり姿勢が悪い立ち方は骨盤が広がります。横から見たときに耳・肩・腰・くるぶしのラインがまっすぐ一直線になっているのが正しい姿勢です。歩き方だけでなく立ち方も正しい姿勢を意識しましょう。

3.筋トレをする

出典元:photo-ac.com

ヒップアップには筋トレを取り入れましょう。ヒップの筋肉は大殿筋、中殿筋、小殿筋から成り立っています。この中で最も大きい大殿筋を鍛えることでヒップアップにつながります。ここを鍛えるとヒップの見栄えが変わってきますよ。

おすすめのヒップアップトレーニング・こりをほぐす

・ヒップリフト

・スクワット

出典元:photo-ac.com

まずはヒップをほぐしましょう。実はヒップは意外とこっています。ヒップがこっていると血流が悪くなり老廃物などがたまるので、しっかりとヒップのこりをほぐすことが大切です。こりほぐしはテニスボールを使うのがおすすめ。テニスボールの上にヒップを乗せて、左右30秒ずつヒップで転がすようにすると効果的です。

出典元:photo-ac.com

こりをほぐしたらヒップリフトとスクワットを実践してみて!ヒップリフトはマットなどの上にあおむけになりひざを曲げ、両手を床に伸ばした状態でヒップを持ち上げるエクササイズです。これを15回×3セットを目安に行います。そうすれば大殿筋を鍛えられますよ。スクワットも大殿筋を鍛えられますが、内ももにも効果的です。20回×3セットを目安に頑張ってみて。ヒップアップの筋トレには大殿筋だけでなくハムストリングスも一緒に鍛え、股関節を柔らかくするようにすると効果的なので、ぜひやってみましょう。




◇ヒップアップで気分もアップ

出典元:photo-ac.com

きゅっと上がった丸みのあるヒップはとても魅力的です。女性らしさの象徴でもあり、後姿の若美え効果も期待できます。自分で見えないし意識しないとヒップの筋肉を使うことがあまりないので、ほっといたらヒップがどんどん老化する可能性が。女性は妊娠・出産で骨盤がゆがみやすいので、正しい姿勢を心がけヒップアップエクササイズを取り入れてみて!美容効果はもちろん、健康面にもたくさんのメリットが期待できますよ。



投稿日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.