point house

Qoo10が新たなブランド公式ショップに特化した売り場を2022年4月より提供開始!


(写真:ファッション室長・丸山恵未氏)

eBay Japanが運営するQoo10(キューテン)※以下Qoo10が、ファッションに特化した売り場を2022年4月に新設すると発表しました。

動画や画像を中心とした構成を予定しており、商品撮影もQoo10が支援し「今までのQoo10とのイメージとは違う形にガラッと変わる」
日本国内と韓国の公式ブランドのみを取り揃たサイトを開設し、300ブランドを展開する予定です。

Qoo10とは?

2010年から運営されてるマーケットプレイス型総合ECモールです。
2018年からQoo10の日本国内事業「Qoo10.jp」は、eBayが買収し、同年からeBay Japan合同会社がQoo10.jpの運営を行なってます。

どんな商品が置いてあるの?

ファッションからビューティー、ライフスタイル、フードまで幅広いアイテムを展開し、特に韓国発のブランドを豊富に取り揃えています。

登録会員数は2021年6月時点で1900万人にのぼり、韓国トレンドが好きな10〜30代の女性を中心とした利用者を多く抱える。ユーザーの8割が女性で、年代別では10〜30代が67%を占めてます。

 

2021年の取り組み

出店数は1万8100店舗あり、登録商品数は12億以上。EC需要の高まりを背景に、今年に入ってからはファッション関連の販売者数が増加し、前年同期(1〜10月累計期間)から50%増、公式ショップは280店舗純増となった。全体の流通額も30%伸長し、公式ショップが販売するアパレルのほかに、コロナ化というのもあり、ECモール全体の売上が伸びるなかQoo10もインナーや下着など、在宅に必要なアイテムの売り上げを伸ばしユーザーを増やしています。

大幅増加の要因とは?

今年9月にはライブショッピングをスタート。毎週水曜日に実施し、「チュー(Chuu)」や「キルシー(KIRISH)」といったショップでは他のプラットフォームよりも視聴者数が高い水準を記録するなど反響がありました。(10月、11月のライブショッピングではどちらも40万人を超えるPVを集めました。)

2022年 新サービス開始!

商品の紹介動画やAIを活用したリコメンド機能、返品無料サービス、販売の支援体制といったサービスを提供する予定です。

紹介動画はモデルによる着用カットなどを掲載する予定で、撮影作業はすべてQoo10側が支援する。単独アプリの開発はせず、既存アプリから専用サイトに誘導をかけるという。サービスの名称は後日発表予定です。

 

出店募集について

出店募集は11月からQoo10の既存店舗を対象に開始しており、現時点でキリッシュや「ナンニング(NANING9)」のほか、「ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)」や「ハニーズ(Honeys)」「クラシカルエルフ(Classical Elf)」といった日本ブランドが出店を予定している。いずれもQoo10に対しては若年層ユーザーにリーチできる点に魅力を感じているという。

今月からは未出店のブランド企業に対してもアプローチをかけていく。日本ブランドに関しては「韓国ブランドとは状況が違い、すでに他の日本企業が展開するECモールが多数存在するので、この半年で急拡大できるかというと現実的には厳しい」とし、来年4月までに20ブランドを新たに誘致したい考えを示した。

 

更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.