point house

エアコン温度の調節、節電、次の一手は?企業の省エネ最新秘策をご紹介

転載元:green-note.life

天気予報で耳にすることの多くなった「猛暑日」。

 

2022年8月、東京都心の猛暑日日数は14日となり、歴代最多となりました。そんな暑さの続く中、経済産業省では今夏の電力需給は全国的にここ数年で最も厳しくなるとの見通しを明らかにし、産業界への更なる省エネの取り組みを求めています。

 

また、世界的にも最高気温を記録しているなど、今後も暑さによって、エネルギー消費が加速し、環境への負荷が増え、地球温暖化が進むという悪循環になるとが予想されます。

 

今回は、そんな省エネ対策を求められる企業の対策方法についてご紹介します。

参照:weathernews

エネルギー消費:製造業が最大のシェア

経済産業省のデータによると、2020年度は企業・事業所他部門がエネルギー消費全体の61.9%を占めています。

 

また、企業・事業所他部門の中では、製造業が最大のシェアを占め、2020年度の割合は68.1%。

 

製造業のエネルギー消費は、全体の4割ほどを占めているため、更にエネルギー効率を高めていくことが求められています。

 

省エネ対策は、環境負荷の軽減だけでなく、積極的に取り組むことで企業にもさまざまなメリットが期待できます。

 

参照:経済産業省 資源エネルギー庁「令和3年度エネルギーに関する年次報告 (エネルギー白書2022)」

企業が省エネの取り組みをするメリット

主に企業が省エネ対策に取り組むことによって、

  • ランニングコストの削減
  • 企業のイメージアップ
  • 設備の安定的な稼働

などのメリットにも繋がります。

企業ができる省エネ対策

オフィスや工場など、企業としてできる電力、空調、照明関連の取り組みをご紹介します。

【電力関連】

  • 省エネ機器の活用(太陽光発電の導入 等)
  • こまめに電子機器の電源をオフにする
  • 待機電力を減らす(長時間使用しない電子機器は電源プラグをコンセントから抜く)

【空調関連】

  • エアコンの温度設定を夏は28℃、冬は20℃にする
  • 空調を使う場所を制限する
  • サーキュレーターの使用

【照明関連】

  • LED電球の使用
  • 照明器具の掃除
  • 間引き照明
  • 空室・不在時のこまめな消灯
  • 人感センサーの設置

といった省エネ対策がありますが、実際のところ、すでに空調設定、照明関連の省エネ対策はほとんどの企業が取り組んでいるのが現状で、対策にも限度があります。

 

次の一手、さらに効率よく省エネの取り組みとして、「断熱塗料を使用する」方法があります。

【アメリカ】省エネの取り組み「クール・ルーフ」

ニューヨーク市では、集合住宅や病院の屋上をペンキで白く塗装する「クール・ルーフ」という取り組みが2009年から進められています。

 

屋根を白く塗装することにより、日光を反射させ、屋根から建物内部への熱の流れを減らすことで、空調のある建物のエネルギーとコストを節約したり、空調のない建物の快適性と安全性を向上させたりすることができます。

 

それ以外にも、

  • 局所的な外気温度を下げることで、都市のヒートアイランド現象を軽減
  • 建物を冷却するためのエネルギー需要を削減することで、発電所の排出量を削減

などといったメリットもあります。

参照:https://www.energy.gov/energysaver/cool-roofs

プラスアルファの取り組み「断熱塗料」とは?

断熱塗料とは、オフィスや工場の屋根や壁に塗装することによって、建物内の室温を快適な温度に調整できる高機能塗料のことです。

今回は株式会社WAKOの「WAKOECO® SHIELD(ワコーエコシールド)」を例に、効果やメリットについて紹介していきます。

断熱塗料「WAKOECO® SHIELD」の効果

  • 暑熱対策(室内温度上昇の抑制)
  • 建物内の温度上昇を抑制により節電、電気コストカット

など、すでに取り組んでいる省エネ対策を、更に効果的にすることができます。

断熱塗料を活用するメリット

  • オフィスや工場、農家牧場の畜舎などさまざまな場所で活用できる
  • 省エネによるSDGsへの貢献ができる
  • 補助金も活用できる(補助金は各自治体に要確認)

断熱塗料などの暑さ対策設備の導入は、各自治体の補助金の対象になる場合もあるので、補助金を活用しながら自社のSDGsの取り組みにも繋げることができます。

参照:https://wec-paint.jp/wes-media/page-7441

断熱塗料を活用した事例を紹介

上記の動画では、広島県府中市にある池田牧場の牛舎屋根「酪農家様向け 暑熱対策補助金」を活用した事例を紹介しています。

 

乳牛の夏場の暑熱対策は、牛たちへの暑さのストレスが軽減させ、平均乳量が増えたり、診療にかかる牛の数も減ったりといった効果もあったそうです。

 

※補助金については自治体や組合の情報をご確認ください。

まとめ

電力不足によって節電の協力が求められる今。

 

企業が省エネ対策に取り組むことは、社会的責任となっています。

 

すでに省エネ対策に取り組んでいる企業も多いですが、プラスアルファの対策「断熱塗料」の採用で、地球にも、企業のメリットにつながる取り組みを進めていきましょう。

提供:株式会社WAKO

公式HP:https://wec-paint.jp/

更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.