point house

毎日のハードルを少し下げたい【モーリフォトエッセイ#12】

近頃は寝落ちするサイクルに入り、早い時間に寝落ちして深夜に目覚めて後悔している。


なんとなく夜更かしするのは今日に満足していない

モーリフォトエッセイ#12

「なんとなく夜更かしするのは今日に満足していないから」と何かで読んだことがある。気づいていた気もするけど、終日仕事で帰ってきてからはやく寝たいのにもったいない気がして眠れないことはよくある。眠いのにやりたいことがやれず、意地でも寝たくなくてスマホを握りながら寝落ちするときもある。休みの日に散々ゴロゴロした日は夜頃からやる気が湧いてきて、体力が有り余っていて寝れなくてなんとなく夜更かししてしまう。疲れているときはとにかく睡眠を確保して、睡眠の質が良くなったら作業効率が良くなるとかあたりまえすぎるけど、それができない人はきっとたくさんいるだろう。

寝ることは充実なのか充実じゃないのか

モーリフォトエッセイ#12

時間があるときの睡眠は幸福度が高い。基本的に眠りに落ちる時はいつも幸せなのに、気づいたら寝休日を過ごして貴重な時間を無駄に使ったようで後悔する。最近気づいたのだけど、あまり寝てない人は自分でショートスリーパーを名乗りがちである。ショートスリーパーを名乗る人が時々気を失ったように寝落ちしている姿を見て、いまのうちに少しでも寝ておいて欲しいと思ったりする。そういう私も10代のときは起きている時間が楽しくて、とにかく寝ている時間がもったいなくて、自分はショートスリーパーだと言いながらときどき気を失ったように寝落ちしていた。仕事で疲れて寝落ちする20代の私と、寝不足で寝落ちしていた10代の頃の私はまた少し別物だ。

睡魔にはどうやっても勝てない

モーリフォトエッセイ#12

何年か前にアルバイト掛け持ちで、帰って寝落ちばかりの日々に比べれば、最近はそんなに遅く帰宅することもあまりなくなった。20時には帰宅して、寝支度をはじめればいいのに何故か私服のまま休憩し始める。気づくと寝落ちして深夜に目覚め、いまからお風呂に入るか朝早起きして入るか悩み始める。大抵の場合は深夜にお風呂に入ると眠れなくなるので、諦めて歯磨きだけしてそのまま朝までもう少し眠る。私服のまま変な体制でいると疲れが取れなくて、体もバキバキで肌も荒れるし良いことは何もない。とにかく私のように寝落ちする人は帰宅後は何より先に、洗顔と歯磨きだけ終わらせて、部屋着に着替えるところから始めて欲しい。

達成のハードルを少し下げること

モーリフォトエッセイ#12

達成感や充実感が少なかったときに「寝るのがもったいない」と感じやすくて、眠いのに夜更かしして、気づいたら寝落ちサイクルに入る。休みも何かしら予定をいれてフル稼働しがちな世の中だけど、なにもしない日を作って休んだり、頭の中のタスクを何もやらない日も重要だ。私は常に頭の中にタスクだらけになってしまって、休みの日も常にタスクが終わらないような気がしている。なにもない休みの日の前日は大体次の日に片付けることを考えながら、次の日になると何から手をつけていいのかわからない。前にフォトエッセイで手帳に関することを書いたけど、改めて自分の頭の中を手帳や何かに書き出して整理していかなければいけないと思った。寝休日はなにもしていないと自分を責めているけど、なにもしないという決まり事を達成する日を作りたい。自分へのハードルを少し下げることを目標に。




 

 

Profile:モーリ
フォトグラファー / ライター
東京でバンドや人を撮影しながら、傍らで文章執筆をしています。
その他、ライブ写真やアーティスト写真、ポートレート、アパレルEC撮影などで活動中。

各種SNSのフォローお待ちしてます。作品撮りモデルも随時募集しています。
( litlink:https://lit.link/sadistic24  )

model:高山ひかり

投稿日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.