point house

SRICHAND?innisfree?マスクメイクの必需品プチプラフェイスパウダー2大アイテムを徹底比較

外出時はマスクが必須の今のご時世。ファンデーションやメイクの崩れは女子の永遠のテーマですよね。

今回はメイク崩れしにくいフェイスパウダーが人気の2大アイテムを比較してみた結果を書かせていただきます。

 

 

『SRICHAND』トランスルーセントパウダー

『SRICHAND(シーチャン)』1948年に設立されたタイ発の老舗コスメブランドプチプラなのにデパコス並みの高クオリティということで、現地では70年以上愛されているそうです。

 

出典:cosmelabo.shop

 

ブランドを代表するアイコンアイテムは、今回ご紹介する「トランスルーセントパウダー」。高温多湿なタイでもメイク崩れすることなく過ごすことができるということで、デパコスと肩を並べるほどの人気アイテムなのだとか。

 

「トランスルーセントパウダー」は、現地ではドラッグストアやコンビニでも買えるくらい、どこにでも販売されている国民的なフェイスパウダーです。

出典:cosmelabo.shop

 

タイ土産として密かに人気を集めていた「トランスルーセントパウダー」ですが、昨年6月についに日本上陸を果たしました。

 

ブランドの詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

▶︎『SRICHAND(シーチャン)』とは?フェイスパウダーが話題沸騰中のタイコスメをご紹介

 

『innisfree』ノーセバムパウダー

韓国コスメと言えば必ず名前が上がるほどの超定番アイテム『innisfree(イニスフリー)』の「ノーセバムパウダー」。日本でも随分前から有名で、アットコスメでもベスコスアワードの総合部門やパウダー部門で受賞しているほど人気があるアイテムなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

出典:innisfree.com

 

『innisfree』は、ユネスコ世界自然遺産にも登録されている自然豊かな島“済州島”の恵みを使用した化粧品ブランドとして2000年1月に誕生。「Natural Benefits from JEJU island(済州島の自然の恵みをそのままに。)」をコンセプトとして掲げ、手軽で親しみやすいナチュラル思考のブランドとして世界中のミレニアル世代を中心に支持を集めています。

 

そんな『innisfree』の「ノーセバムパウダー」は緑のパッケージで定番のミネラルパウダーをはじめ、肌タイプに合わせて6種類のパウダーが展開されています。(乾燥肌の私は水色のモイスチャーパウダーを長年愛用しています)

 

出典:innisfree.com

 

韓国女子はフェイスパウダーとしてだけではなく、ベタつきが気になる前髪にもサッとつけたり、リップのツヤをおさえる際やデオドラントパウダーとしても使うのだとか。まさしく万能コスメとして長年日韓で人気のアイテムです。




人気の2大フェイスパウダー、どちらがより崩れない?

ここからはそんな優秀な2種類のフェイスパウダーを比較してみます。

 

 

どちらも手のひらサイズでパフも付属しているので、持ち運びには便利。

 

パウダーの色は『innisfree』の「ノーセバム モイスチャーパウダー」が少しピンクがかっており、『SRICHAND』の「トランスルーセントパウダー」はきクリーム色のような感じです。(ノーセバムパウダーの方は元々愛用していたアイテムなので残量がかなり少なくなっています。笑)

 

 

両パウダーともに、肌に乗せると綺麗に密着してスッと馴染みます。『SRICHAND』の「トランスルーセントパウダー」の方が若干ツヤが出る気がします。

 

 

両方ともサラサラしていて、なめらかな付け心地。どちらのパウダーも肌の透明感を引き出してくれます。マットな仕上がりですが、粉っぽさや乾燥することは一切ないという点においては、使用感はほぼ同じ

 

「トランスルーセントパウダー」のパッケージには趣向が凝らされています。インナーロック機能がついていて、中蓋を回す(左回りでOPEN、右回りでCLOSE)ことにより、パウダーがこぼれ出ることがないようになっているのが◎。地味ですが粉の出方を微調整できるって結構助かりますよね。

 

 

元々「ノーセバム モイスチャーパウダー」を使用していましたが、マスクメイクになってからはどうしても少しは崩れてしまい、特に鼻先のファンデーションやハイライトがマスクで擦れて取れてしまうのが憂鬱でした。

 

今回新しく『SRICHAND』の「トランスルーセントパウダー」を試してみたということもあり、顔の右半分にいつもの「ノーセバム モイスチャーパウダー」、左半分に「トランスルーセントパウダー」をメイクの仕上げに塗って、1日過ごしてみました。

 

 

仕事から帰宅後にマスクを取って見比べてみると、「トランスルーセントパウダー」の方がファンデーションやチークの色移りが少ないのがわかります。

 

あくまで私個人の体感ですが、「ノーセバム モイスチャーパウダー」では崩れを抑えることができなかった鼻先も、メイクがよれることなくしっかりと残っていたのには驚きました。さすがは高温多湿なタイで長年愛されているフェイスパウダー。

 

顔だけではなく、マスクにもポンポンと押さえることでより一層メイク崩れを軽減できるのでおすすめです。

 

 

湿気以外にも、水や汗、皮脂にも強いため、マスクメイク必須の今だけではなく、運動中や、夏場、イベントの時にも大活躍してくれそうですね。

 

購入できる場所

『innisfree』は日本上陸して長らく経つブランドなので、直営店もあり、「ノーセバムパウダー」に関してはオンライン、オフライン問わず割とどこでも購入できます。

 

「トランスルーセントパウダー」については、人気中国コスメブランド「ZEESEA」などを取り扱うコスメラボというサイトが『SRICHAND』の日本総代理店として日本国内での販売を行なっています。

 

 

基本はオンラインで販売されている『SRICHAND』ですが、ラフォーレ原宿に店舗もあるので、実物を見て購入することも可能です。

 

まだまだマスクが欠かせない憂鬱な時期が続きますが、フェイスパウダーを活用して崩れ知らずのメイクを楽しみましょう♪




更新日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.