point house

ほうれい線が行方不明!フィコシアニンの魅力を解説

 

乾燥肌で悩んでいる人は、少ないないと思います。私も乾燥肌の一人。乾燥すると小じわやほうれい線が目立つし、乾燥がひどくなると、肌がかゆくなってひりひりする原因にもなりかねません。保湿重視のスキンケアを行っているのに、すぐに水分が逃げちゃう・・・そんな経験ありませんか?肌の外から水分油分を与えても、肌の内側の水分が少なければ、肌は乾燥したままなのです。この記事では、肌の水分量UPが期待できる成分「フィコシアニン」について解説します。乾燥肌の人は、ぜひ読んでみてください。

フィコシアニンとは?

「フィコシアニン」という名前、あまり聞きなれませんよね。「フィコシアニン」とは、「スピルリナ」に含まれる主要たんぱく質のこと。では「スピルリナ」とは何なんでしょうか。「スピルリナ」とは、約30億年前に誕生した緑の藻のことで、50種以上の健康・栄養バランスをもつスーパーフードの王様と呼ばれています。

スピルリナの特長・アミノ酸バランスがとれたたんぱく質が豊富

・食物繊維を含んでいる

・植物性の色素を含んでいる

・βカロテン、ビタミンB群の補給ができる

・鉄分、カルシウムなどのミネラルの補給ができる

・多価不飽和脂肪酸のγリノレン酸を含んでいる

・消化吸収率が高い

出典元:photo-ac.com

「スピルリナ」には上記のような特長があります。また、栄養素が豊富に含まれており、消化吸収率が高いので、豊富な栄養素をたくさん吸収できるというメリットが。その「スピルリナ」に含まれているたんぱく質である「フィコシアニン」は、鮮やかな青色をしており、ガムや冷菓などの着色料として用いられています。「フィコシアニン」「スピルリナ」独特の成分なのです。

フィコシアニンでうるおいUP

出典元:photo-ac.com

フィコシアニンは光合成色素としても知られており、藍藻をはじめ、灰色藻や紅藻などに含まれます。フィコシアニン」の主な働きは「抗酸化作用」。この抗酸化作用は、活性酸素を除去してシミ・そばかすを防ぐ効果が期待できます。また、免疫力を高める働きや、抗炎症作用など、フィコシアニンにはいろいろな効果が期待できます。それだけでなく、フィコシアニン」は、肌のバリア機能を高めてうるおいを守るため、体の中からアプローチする成分なのです。



乾燥による肌悩み

乾燥肌が進んでしまった場合、肌がどのような状態になるか、ご存じでしょうか。乾燥肌が進むと、以下のような状態になります。

乾燥肌がもたらす肌悩み・くすみ

・小じわ

・ほうれい線

・敏感肌

出典元:photo-ac.com

このほかにも、粉拭きやけばだちなど、乾燥による肌悩みはたくさんあります。乾燥肌は、肌のバリア機能が低下した状態になるため、外からの刺激に弱くなり、肌が敏感になる恐れが。それにより敏感肌となってしまうこともあるので、注意が必要です。肌の乾燥を感じたら、まずはしっかりと保湿すること!バリア機能が低下している状態では、肌は水分をキープできません。外からしっかりと保湿して、乾燥を防ぐことで、肌のバリア機能が正常になり、水分をキープできるようになりますよ。また、乾燥肌は肌のターンオーバーを乱れさせるため、不要な角質が肌に溜まってしまいます。角質が厚くなると、外から保湿しても、肌に化粧水がなじみません。角質ケアを取り入れて、肌に化粧水がなじむ状態に整えていくことが大切です。

機能性表示食品「フィコナ」の魅力

「フィコシアニン」が肌のうるおいをUPさせてくれることはわかりましたが、ではどのように体に取り入れるといいのでしょうか。着色料として主に用いられている「フィコシアニン」ですが、着色料としてでは、効果的な量が取り入れられません。「フィコシアニン」を効果的に取り入れたいなら、サプリメントがおすすめです。ここでは私のおすすめのサプリメントを紹介します。

機能性表示食品「フィコナ」

DIC株式会社が開発した、機能性表示食品「フィコナ」。このサプリメントはフィコナスキンモイストリフティングタブレットというのが正式名称です。名前から伝わる、サプリメントの働きに期待が高まります。DIC株式会社という会社を初めて知ったという人は少なくないと思います。このDIC株式会社は、世界で初めてスピルリナを培養した会社で、スピルリナについて40年以上も研究を重ねてきているのです。そんなDIC株式会社が開発したのが「フィコナ」「フィコナ」は臨床実験で、保湿効果が認められています。つまり、「フィコナ」を取り入れることで、肌のうるおいがUPし、肌のバリア機能をサポートしてくれることが証明されました。うるおいのある肌を実感するには、まず8週間「フィコナ」を試すことが推奨されています。小じわ、ほうれい線が気になる人は、「フィコナ」でうるおいのあるふっくら肌を目指しましょう。

フィコシアニンを取り入れてみずみずしい肌へ

出典元:photo-ac.com

肌の乾燥が進むと、小じわやほうれい線、ひどい場合は敏感肌に。乾燥肌はすぐにでも改善する必要があります。毎日のスキンケアで、しっかりと保湿を行うことや、肌の状態に合わせて角質ケアを行うことも大切です。しかし、肌の外側から与えるばかりではなく、内側からもアプローチするとより乾燥肌の改善に有効です。機能性表示食品「フィコナ」は、うるおいに満ちたバリア機能の高い肌をサポートするフィコシアニン配合のサプリメントです。乾燥による肌悩みがある人は、まず8週間試してみてください。



更新日:

Copyright© P・H , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.