point house

『nico』で敏感肌の娘がつるつるお肌に!無添加石鹸を使ってみた結果

1歳4ヶ月の娘は生まれた頃から敏感肌で、頻繁に首元や顔などにカサカサや吹き出物のような物ができていました。特に最近は季節柄空気が乾燥しているので、頬は常にカサついている状態。痒がって掻くので、もし大きくなった時に痕が残ってしまったら、と気が気ではありませんでした。娘の場合は軽いアトピー体質のようで、肌トラブルで小児科にかかると毎回ステロイドを処方されます。必ずしもステロイドが悪い!という訳ではないと理解はしていても、やはりまだ幼い子どもに薬を使うのは気が引けてしまうのが正直なところ。いくら弱めのものを処方されても、小さな身体に何日も続けてステロイドを塗らないといけないのは気乗りしませんでした。スキンケアのみならず“ベビー石鹸”と名前のつくものは手当たり次第試してみましたが、どれも改善は見られず。とりあえず保湿を意識して市販のベビーローションとワセリンでケアをする毎日でした。そんな時に普段使っている育児情報アプリで偶然『nico石鹸』というものを知り、調べてみることに。

出典:nicosoap.com

 

無添加石鹸『nico』って?

ご自身も肌に悩みを抱えて幼少期を過ごしたという2児ママさんに開発された『nico石鹸』。公式サイトによると『nico石鹸』が敏感肌に良い秘密は天然由来の保湿力にあるようです。

出典:nicosoap.com

 

保湿力の高い「ウチワサボテンオイル」を配合されているようで、その保湿力はなんとアルガンオイルの約1.5倍だそう。『nico石鹸』は全て天然素材で作られており、気になる石油系成分や合成界面活性剤、合成香料や着色料、防腐剤なども一切使用されていない本当の意味での天然由来100%の石鹸です。配合成分は皮膚炎や発疹などを抑える効果があることで知られるカンゾウ根エキスや、抗炎症作用や抗菌作用、保湿作用のあるオウゴンエキスなど、肌トラブルに効果のあるものばかり。

 

出典:nicosoap.com

 

更にその有効成分が損なわれることのないよう、コールドプロセス製法で1ヶ月以上熟成させ、手磨きで仕上げるというこだわりっぷり。コールドプロセス製法とは、製造過程で自然に発生する熱を使用し、温度や湿度を管理しながらじっくりと仕上げる製法で、時間と手間がかかる分、天然素材の有効成分を熱に破壊されることなく、石鹸に閉じ込めることができるのだそうです。赤ちゃんの肌はつるつるで水分が多いように見えて、実はすごく乾燥しています。その肌の薄さは大人の半分以下と言われており、しっかりと保湿ケアをしてあげなければすぐにカサカサや湿疹ができてしまうほどデリケート。小さな身体でも汗腺は大人と同じ数あり、大人の2〜3倍は汗をかくと言われています。そして肌の持つバリア機能も未熟なので、汗疹や湿疹などの肌トラブルを起こしがち。汗以外にもよだれや涙などをふき取る際の摩擦でも皮膚が刺激されてしまい、肌のバリア機能をさらに低下させてしまいます。だからこそ、赤ちゃんの肌を守るためには洗浄力と保湿力の両方を兼ね備えたせっけんで洗い、正しくスキンケアしてあげることが大切なのです。

『nico石鹸』と他のせっけんの違いは?

私はこれまで泡で優しく洗ってあげる方が赤ちゃんの肌には良いと思っていたのですが、それは間違いだったようです。何でも、液体石鹸は製造過程で100℃以上の高温で加熱することが多く、熱に弱いビタミンやアミノ酸などのお肌にとって大切な有効成分が壊れてしまうのだそう。加えて、液体石鹸の大半は合成洗剤でできているため洗浄力が強く、洗いすぎる状態が発生しやすいのだとか。私はこれまで娘の顔や髪、全身を液体石鹸で洗っていたので、本当にショックを受けましたし、「なんとなく良さそう」ではなく、もっときちんと成分を調べて石鹸を選ぶべきだったと心の底から後悔しました。赤ちゃんのスキンケアには“石鹸選び”こそ重要だったのです。

実際に購入してみた

乾燥した空気で霜焼けのようになってしまった娘の頬を一刻も早くなんとかしたい一心で早速『nico石鹸』を購入。

 

 

可愛らしいパッケージを開けると“天然由来”、“本当の無添加”らしい優しい色合いのまあるい石鹸が出てきました。使い方も親切に書かれています。

 

 

専用の泡だてネットでよく泡立て、“手のひらで”洗い、ぬるま湯で流すのがポイントだそう。これまで娘の顔や身体を洗う際はガーゼを使用していた私は、石鹸選びだけではなく洗い方も良くなかったことを初めて知り、反省しました。『nico石鹸』は肌のみならず、洗髪も可能なので、これ一つでデリケートな赤ちゃんの全身を優しく綺麗に洗うことができます。また、敏感肌の全身洗浄用に作られたものなので、肌が敏感なパパやママも一緒に使うことができるのも嬉しいポイントですね。

 

お風呂嫌いの娘の反応と使用感

娘はお風呂が大嫌いで、いつも顔に泡がついただけで激しくギャン泣き。毎日押さえつけて洗うのにかなり苦労していました。どうせ今回も泣かれるだろうと覚悟を決めて入浴。無心で専用の泡立てネットで『nico石鹸』を泡立てながら、無添加の石鹸だと泡立ちにくいかな?と思っていましたが、全くそんなことはなく割と素早くもこもこ泡が完成しました。香りはほんのり香る程度です。

 

 

早速泡立てた『nico石鹸』を娘の頬に乗せてみると嘘のように全く泣かず、、、それどころか楽しそうに泡で遊んでいる様子を見て眼から鱗でした。娘を出産して1年4ヶ月以上もの間毎日お風呂に入れてきましたが、泣かないことは一度もなかったので、本当にびっくり。笑

 

 

元々使っていたベビー石鹸も当然肌に優しいものだと思って使っていましたが、娘には滲みてしまい、痛かったので泣いていたようです。『nico石鹸』はデリケートな赤ちゃんの肌を低刺激で優しく洗い上げてくれ、髪を洗っても全くきしむことなく、洗い上がりの髪も柔らかいので、シャンプーとしてもかなり優秀です。さらに、産後肌質が変わり、乾燥が気になっていた私も娘と一緒に『nico石鹸』を使ってみたのですが、お風呂上がりの自分の肌に驚きました。世の母親はお風呂上がりはいかに早く子どものスキンケアをするかが戦いで、自分のスキンケアはどうしても後回しになり、子どものケアをしている間に顔がつっぱってしまうのは仕方がないこと。ですが、『nico石鹸』で洗顔した後は娘のスキンケア終了後も顔が乾燥することなくしっとりしているのです。改めて『nico石鹸』の保湿力の高さに感動しました。

 

1週間使ってみた結果

『nico石鹸』を使い始めて2-3日間は娘の頬の乾燥や赤みがひどくなったように思いましたが、きっと良くなると信じて続けたところ、1週間程度で改善され、赤ちゃんらしいつるつる、ぷりぷりのお肌になりました。

 

 

娘が生まれてから季節を問わず頬や首元のカサカサに悩まされていましたが、こんなに早く乾燥の改善を実感でき、ステロイドを使わずに済むようになるとは思っていなかったので、本当にありがたい限りです。娘自身も『nico石鹸』を気に入ったようで、今ではお風呂に入ると「あわわ!」と言いながら自分で『nico石鹸』と専用ネットを私の元に持ってきては、早く泡立てるよう催促をしてきます。笑

 

 

こんなにニコニコ笑ってお風呂に入ってくれることは本当にこれまでなかったので、おかげさまで毎日の入浴時間も格段に楽になり、『nico石鹸』様様です。笑

 

お得に購入する方法は?

『nico石鹸』はYahoo!ショッピングや楽天市場などでも販売されているようですが、お得に購入したい方は絶対に公式サイトでの購入をオススメします。公式サイトでは定価3,000円の『nico石鹸』を初回は67%OFFの990円で購入することができ、送料も全国無料で届けてくれます。

 

出典:nicosoap.com

 

定期継続2回目以降も最大50%の割引があり、公式サイトならではの初回購入時の大幅割引がありながら継続割引もあるので、ずっとお値打ち価格が続きます。定期購入によくある回数縛りも無いので、気軽に『nico石鹸』を使い始めることができます。さらに、効果を実感できなければ使用済みでも1年間の返金保証があるそうで、ここまでできるのは本当に自信を持って『nico石鹸』を販売されているからこそ。購入者としても安心して『nico石鹸』を使うことができますよね。これから冬も本番になり、ますます乾燥も気になる季節なので、『nico石鹸』でお子さんのお肌をカサカサや肌トラブルから守ってあげましょう。

こちらもオススメ

『nico(にこ)』敏感肌用ベビー石鹸って?評価、口コミを徹底調査!実際に買って使ってみたら…

 

更新日:

Copyright© P・H , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.